厚岸

厚岸湖・厚岸湾

組織

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター厚岸臨海実験所

研究テーマ

厚岸湾・厚岸湖の生物多様性と環境

サイト概要

北海道東部太平洋岸に位置し、厚岸湾の海底は砂泥質。湾奥の砂泥 質底には全国でも最大規模の希少種オオアマモの群落がある。湾奥 に連なる厚岸湖は浅く、アマモやコアマモが全面に群生し、湖口近 くには大小のカキ礁があったが、現在ではあさり養殖のためにカキ 礁は消失し、ほぼ全面でカキの垂下養殖が行われている。厚岸湖に は別寒辺牛川などが流入し、別寒辺牛川流域には高層・低層湿原が 発達している。厚岸湾内では、シシャモ、ハタハタ、コマイ、ホッ キガイ、カレイ類およびコンブ、厚岸湖内ではシラウオ、ホッカイ エビ、マガキ、アサリの漁業が行われ、別寒辺牛川にはサケ、マス 類が遡る。

湾口の大黒島は、海鳥の繁殖地として天然記念物に指定され、コシ ジロウミツバメが群来、産卵し、オオセグロカモメ、ウトウ、ウミ ウなどが営巣し、エトピリカも観察される。ゼニガタアザラシが周 年生息し、冬にはゴマフアザラシも来遊する。特色のある寒流系生 物は豊富で、過去に多くの海産無脊椎動物や海藻がこの海域で新種 として報告されている。なお、アイカップ岬海岸は特別保護区とし て研究者以外の立ち入りを禁止、野外実験に支障のないようにして いる。

海水温は寒流の影響で20℃を越すことは少なく、6・7月は海霧の日 が多い。1月頃より湖内は結氷し、海面も蓮葉氷が連なる。雪は少 なく除雪を要する日は少ない。

連絡先

  • 住所 : 北海道厚岸郡厚岸町愛冠1
  • 氏名 : 仲岡雅裕
  • 電話番号 : 0153-52-2056
  • Fax : 0153-52-2042
  • E-mail : nakaoka@fsc.hokudai.ac.jp

ウェブサイト URL

日本語 : http://www.fsc.hokudai.ac.jp/akkeshi/index.html

英語 : http://www.fsc.hokudai.ac.jp/akkeshi/en/index.html